Love in the Afternoon (1957) / 昼下りの情事

『昼下りの情事』(ひるさがりのじょうじ、Love in the Afternoon)は、1957年のアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ映画で、クロード・アネの小説『アリアーヌ』を原作としている。オードリー・ヘプバーンのビリー・ワイルダー監督作品への出演は『麗しのサブリナ』に次いで2度目となった。「魅惑のワルツ」が主題曲として使用されている。

 ・ amazon : Love in the Afternoon (1957) / 昼下りの情事

Love in the Afternoon (1957) / 昼下りの情事のあらすじ

コンセルヴァトワールでチェロを学ぶ純情なパリ娘・アリアーヌ(オードリー・ヘップバーン)。私立探偵の父シャヴァッスのもとへ妻の浮気調査を依頼したX氏が結果を聞きにやって来た。シャヴァッスの現像した写真を見たX氏は、妻と一緒に写るアメリカの大富豪・フラナガン氏(ゲイリー・クーパー)を今夜撃つと言い残し立ち去る。父の事件を盗み聞きするのを楽しみにしていたアリアーヌは音楽院へ出かけるものの、事件が気になる。フラナガン氏のいるホテル・リッツへ来てみると、X氏がピストルを忍ばせているところにアリアーヌは出くわす。アリアーヌの機転でX夫人は逃れ、危ういところを助かったフラナガン氏は彼女と明日の午後を約束する。

浮気男とデートなどすまいと思ったものの、結局ホテルを訪れ、おいしい食事と美しいムードミュージックというお定まりの手にすっかり参ってしまう。フラナガン氏がパリを出発する時刻が来て世慣れた遊び人のようにあっさり別れるが、アリアーヌは悲しげに音楽院へ向う。

数ヵ月後、オペラでフラナガン氏に再会。翌日ホテルを訪れたアリアーヌに、今度はフラナガン氏が参ってしまい、彼女がことありげに話す男たちのことに気が揉める。偶然出会ったX氏は「シャヴァッスに頼め」と忠告。シャヴァッス(モーリス・シュヴァリエ)が調査するが、我が娘だった。シャヴァッスはフラナガン氏に「あの婦人は箱入り娘で当人の言ったことは全部作り話で、愛しいと思ったらパリを離れることだ」と報告する。アリアーヌがホテルを訪れた時、フラナガン氏は荷造りを終えていた。心乱れるものの世慣れた風を装い、アリアーヌはリヨン駅まで見送る。発車の瞬間、フラナガン氏はアリアーヌを列車に抱えあげる。プラットホームには二人を微笑んで見送るシャヴァッスの姿があった。

関連記事

  1. Breakfast at Tiffany’s (1961) / ティファニーで朝食を

  2. Funny Face (1957) / パリの恋人

  3. Paris When It Sizzles (1964) / パリで一緒に

  4. Roman Holiday (1953) / ローマの休日

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。