My Fair Lady (1966) / マイ・フェア・レディ

『マイ・フェア・レディ』(My Fair Lady)は、1964年制作のアメリカ合衆国のミュージカル映画。同名ミュージカルの映画化。同年のアカデミー作品賞を受賞した。

 ・ amazon : My Fair Lady (1966) / マイ・フェア・レディ

 ・ youtube : My Fair Lady (1966) / マイ・フェア・レディ

My Fair Lady (1966) / マイ・フェア・レディのあらすじ

言語学が専門のヒギンズ教授(レックス・ハリソン)はひょんなことから、下町生まれの粗野で下品な言葉遣い(コックニー英語)の花売り娘イライザ(オードリー・ヘップバーン)をレディに仕立て上げるかどうかをめぐってピカリング大佐(ウィルフリッド・ハイド=ホワイト)と賭けをすることになる。

怠け者のドゥーリトルが殴り込んできたり前途多難。なかなかh音を出すことができないし、【ei】を【ai】といってしまうため、矯正のための詩「スペインの雨」(The Rain in Spain)がなかなか発音できない。どうにかできるようになって「踊り明かそう」を歌う。試しに淑女たちの社交場であるアスコット競馬場に行ってみる…。そんなイライザに富裕階級のフレディーは恋をしてしまい、「君住む街角で」ぶらつき歩く。「運が良けりゃ」と歌っていたドゥーリトルは皮肉にも金持ちになってしまう。

ヒギンズ教授は初めから義務感でつきあっていたものの、徐々に彼女のことが忘れられなくなっている自分に気づく。しかし、イライザは言葉と同時に自分というものを得ていく…。まだまだ階級社会の文化が色濃く残るイギリス社会を舞台に繰り広げられるロマンティック・コメディ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。