Paris When It Sizzles (1964) / パリで一緒に

『パリで一緒に』(パリでいっしょに、原題: Paris When It Sizzles)は、1964年のアメリカ合衆国の映画で、ロマンティック・コメディ。『麗しのサブリナ』で共演したオードリー・ヘプバーンとウィリアム・ホールデンが再び共演した作品。

ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の1952年のフランスの映画『アンリエットの巴里祭』(原題: La Fête à Henriette)のリメイクである。

 ・ amazon : Paris When It Sizzles (1964) / パリで一緒に

 ・ Youtube : Paris When It Sizzles (1964) / パリで一緒に

Paris When It Sizzles (1964) / パリで一緒にのあらすじ

著名な脚本家であるリチャード・ベンソン(ウィリアム・ホールデン)は、プロデューサーのアレギザンダー・マイヤハイムからの依頼を受け、映画『エッフェル塔を盗んだ娘』の脚本に取り組んでいる。とはいえ、決まっているのはタイトルだけで、パリのホテルに滞在しながら遊び呆ける毎日。

締切まであと2日となったある日、若き美人タイピストのガブリエル・シンプソン(オードリー・ヘップバーン)がホテルの部屋にやってくる。ガブリエルは脚本が1ページもできていないことに驚きあきれるが、彼女の刺激を得ながら、リチャードはようやく脚本の執筆にとりかかる。彼はガブリエルをモデルにして“ギャビー”(ガブリエルの親称)というキャラクターを立ち上げ、自分をモデルにした嘘つきで泥棒の“リック”(リチャードの親称)との、巴里祭を舞台にしたラブ・ストーリーを描き始めるが……。

関連記事

  1. Funny Face (1957) / パリの恋人

  2. Roman Holiday (1953) / ローマの休日

  3. Breakfast at Tiffany’s (1961) / ティファニーで朝食を

  4. Love in the Afternoon (1957) / 昼下りの情事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。