Breakfast at Tiffany’s (1961) / ティファニーで朝食を

『ティファニーで朝食を』(ティファニーでちょうしょくを、原題: Breakfast at Tiffany’s)は、1961年にオードリー・ヘプバーン主演でパラマウント映画によって製作された映画。アメリカ合衆国の小説家トルーマン・カポーティによる中編小説の映画化。ニューヨークを舞台に、自由奔放に生きる女性主人公を描く。

 ・ amazon : Breakfast at Tiffany’s (1961) / ティファニーで朝食を

 ・ youtube : Breakfast at Tiffany’s (1961) / ティファニーで朝食を

Breakfast at Tiffany’s (1961) / ティファニーで朝食をのあらすじ

華やかな世界に憧れるホリー・ゴライトリー(オードリー・ヘップバーン)は、収監中のマフィア、サリー・トマトと面会し、彼の話す「天気予報」をある弁護士に伝えることで多額の報酬を受け取り生計を立てていた。アパルトマンには彼女の取り巻きの男達が訪れては騒動になっている。同じアパルトマンに自称作家のポール・バージャク(ジョージ・ペパード)が引っ越してくる。ポールが最後に出版したのは何年も前で、今は裕福なマダム「2E」の愛人をしていた。

ホリーはポールに弟フレッドの姿を重ね、また無邪気で奔放なホリーにポールは魅かれていく。しかし、ある日アパルトマンの前に佇む男(バディ・イブセン)がおり、2Eの夫が雇った探偵ではないかと疑うポールが男に近づくと、彼はテキサスの獣医で姓をゴライトリーと言った。彼はホリーの夫であり、ポールは彼女の本名はルラメイで、不幸な生い立ちから14歳で結婚したことを知る。ホリーはポールに付き添って夫に別離を告げ、ポールとの親交を深める。ポールも2Eに関係を終わらせようと話し、引き止められるが断り別れを告げる。

ポールはホリーと共に訪れたティファニーでお菓子のおまけの指輪に刻印をしてもらうが、その後彼女は図書館で熱心に南米のことを勉強していた。なんとブラジルの大富豪ホセとの結婚が決まったと言い、喧嘩別れに終わる。その際、パールはホリーに自分も他の男と一緒ならと化粧室へ行く際のチップを渡し去って行ってしまう。数か月後、ポールがホリーの家に招かれると、リオデジャネイロ行きを明日に控え、彼女はすっかり家庭的になろうとしていた。一方、ポールも作家として生計を立てられるようになっていた。ホリーが料理に失敗し、二人は外食に行くが、帰宅するとて警官が待ち構えていた。

サリー・トマトの麻薬密売に加担したとして、ホリーは拘留され、さらに大々的に報道されてしまう。翌日、ポールの迎えで保釈され、猫と共にホテルへ身を隠すように告げられる。ホセからの家名に傷がつくいう理由で結婚は破談にするとの手紙をポールが読み上げる。しかし彼女は予定通りリオに行くと言って聞かず、私はこの猫と一緒で名前がないとタクシーを止め、外に逃がしてしまう。愛想を尽かしたポールは数ヶ月待っていたが、もう必要なくなったとティファニーにて刻印をしてもらった指輪を投げつけ、彼女を残してタクシーから降りる。ホリーは指輪を指に嵌めるか否か涙ながらに逡巡し、ついにタクシーを降りて、ポールを追う。雨の中、ポールに再会したポールと熱い抱擁を交わすのだった。

関連記事

  1. Funny Face (1957) / パリの恋人

  2. Roman Holiday (1953) / ローマの休日

  3. Love in the Afternoon (1957) / 昼下りの情事

  4. Paris When It Sizzles (1964) / パリで一緒に

    • takaki

    2019年 スターチャンネル2 (196)で放送

    01/14/2019
    01/22/2019

    • takaki

    2019年 スターチャンネル2 (196)でBreakfast at Tiffany’s (1961) / ティファニーで朝食を放送

    01/14/2019
    01/22/2019
    01/29/2019

  1. この記事へのトラックバックはありません。