Funny Face (1957) / パリの恋人

『パリの恋人』(ぱりのこいびと Funny Face)は、1957年のアメリカ合衆国のミュージカル映画。
パリを舞台に繰り広げられるジョーとディック2人のラブ・ストーリー。スタンリー・ドーネンが監督。曲はブロードウェイで1927年にヒットしたミュージカル『ファニー・フェイス』のものを主に使いつつ、台本は映画オリジナル。

 ・ amazon : Funny Face (1957) / パリの恋人

 ・ youtube : Funny Face (1957) / パリの恋人

Funny Face (1957) / パリの恋人のあらすじ

小さな本屋で働くジョー(オードリー)は、共感主義かぶれ。ひょんな事からファッション雑誌のモデルを依頼される。撮影はパリ。パリには行きたいけれど、モデルなんて……。でも、パリに行けば共感主義の元祖フロストル教授にきっと会える!。雑誌の編集長マギー、カメラマンのディックと共にジョーはパリへ飛び立つ。

関連記事

  1. Breakfast at Tiffany’s (1961) / ティファニーで朝食を

  2. Roman Holiday (1953) / ローマの休日

  3. Paris When It Sizzles (1964) / パリで一緒に

  4. Love in the Afternoon (1957) / 昼下りの情事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。