Sabrina (1954) / 麗しのサブリナ

『麗しのサブリナ』(うるわしのサブリナ、原題: Sabrina)は、1954年に公開されたアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ。サミュエル・テイラーの戯曲『サブリナ・フェア』をビリー・ワイルダー監督が映画化した。

 ・ amazon : Sabrina (1954) / 麗しのサブリナ

 ・ youtube : Sabrina (1954) / 麗しのサブリナ

Sabrina (1954) / 麗しのサブリナのあらすじ

ロングアイランドに暮らす大富豪ララビー家の運転手を務めるフェアチャイルドの娘サブリナ(オードリー・ヘップバーン)は、ララビー家の次男デイヴィッド(ウィリアム・ホールデン)に密かに恋をしていたが、彼は大銀行の頭取令嬢グレッチェンに夢中で、サブリナのことは眼中になかった。父からも叶わない恋をするのは止めるように言われ、傷心のサブリナは車庫で自殺しようとするが、異変に気付いたララビー家の長男ライナス(ハンフリー・ボガート)により事なきを得る。

翌日、サブリナは以前から父に勧められていたパリに留学し、料理を学ぶ。2年後、サブリナは見違えるような美女となって帰国し、デイヴィッドは彼女に惚れ込みパーティーに招待する。しかし、デイヴィッドはララビー家の事業拡大を図る父オリヴァー(ウォルター・ハンデン)とライナスの取り成しで実業家タイソンの娘エリザベスとの結婚が決まっていた。「月に手を伸ばすのは止めろ」と諭す父に対し、サブリナは「月が私に手を伸ばしているのよ」と自信満々に答える。

パーティー会場で注目の的となるサブリナとダンスを踊るデイヴィッドは二人で会場を抜け出そうとするが、エリザベスを放ってサブリナに夢中の姿をライナスに見られ、父に呼び出されてしまう。父と口論となったデイヴィッドは、ポケットにシャンパングラスを入れたまま椅子に座り、大怪我をしてしまう。待ち合わせ場所でデイヴィッドを待つサブリナの元にライナスが現れ、彼女の相手をする。ライナスはタイソンとの合併を実現させるため、障害となっているサブリナをデイヴィッドから引き離そうと画策するが、次第に彼女に心惹かれるようになってしまう。

ライナスはサブリナをパリに追い出そうと考え、パリに向かう振りをしてパリ行きの乗船券を用意するが、その前夜、サブリナが彼の会社を訪れ「もう会うことはできない」と告げる。ライナスは彼女をオフィスに入れて暫く話を聞いていたが、サブリナはライナスの机の上にパリ行きの乗船券が二人分あることに気付く。「自分もパリに連れて行ってもらえる」と喜ぶサブリナに、ライナスは彼女を追い出すために乗船券を購入したことを告げる。事実を知ったサブリナは落胆してオフィスを後にする。

翌日、考えを改めたライナスはタイソンとの合併を取り消すことに決め、デイヴィッドにサブリナと共にパリに行くように伝えるが、デイヴィッドは「彼女は兄貴に恋している」と告げ、ライナスがパリに行くように提案する。ライナスは聞き入れようとせずにデイヴィッドに船に乗るように伝え、重役会議に出席し、合併の取り消しを伝えようとするが、そこにデイヴィッドが現れる。デイヴィッドの説得を受けてサブリナへの想いを認めたライナスは会社を飛び出し、パリ行きの船に乗り込みサブリナと抱き合う。

関連記事

  1. The Unforgiven (1960) / 許されざる者

  2. They All Laughed (1981) / ニューヨークの恋人たち

  3. Robin and Marian (1976) / ロビンとマリアン

  4. Always (1989) / オールウェイズ

  5. Green Mansions (1959) / 緑の館

  6. The Nun’s Story (1959) / 尼僧物語

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。