Charade (1963) / シャレード

『シャレード』(Charade)は、1963年のアメリカ映画。ユニバーサル・ピクチャーズ制作のサスペンス映画である。クレジットに「MISS HEPBURN CLOTHES BY GIVENCHY」とあるように、ジバンシィが提供したヘップバーンの衣装が話題となった。

 ・ amazon : Charade (1963) / シャレード

 ・ Youtube : Charade (1963) / シャレード

Charade (1963) / シャレードのあらすじ

スキー旅行先で、富豪の夫チャールズとの離婚を決意したレジーナ・ランパート(オードリー・ヘップバーン)。旅行からパリの自宅に戻ると、家財道具一切が部屋から持ち出されており、夫の姿も見えない。そこへ、司法警察のグランピエール警部が現れ、チャールズの死を告げる。警部によれば、チャールズは家財道具のすべてを競売にかけ、その落札代金25万ドルを持ってパリ脱出のために列車に乗ったが、何者かに突き落とされたという。警察署で夫の遺品(小さなバッグに手帳、櫛、万年筆、レジーナに宛てた未投函の手紙、偽名のパスポート4通)を受け取り、レジーナは警察署を後にする。レジーナは自宅に戻り途方に暮れていたが、そこにスキー旅行先で知り合ったピーター・ジョシュア(ケーリー・グラント)が現れ、「夫の事件は新聞で知った。何か協力できることはないか」と申し出る。

チャールズの葬儀は寂しいもので、出席者はレジーナと、レジーナの親友でスキー旅行に同行したシルヴィ、そしてグランピエール警部だけであった。途中、ハゲた小柄な男ギデオン(ネッド・グラス)とやせた背の高い男テックス(ジェームズ・コバーン)、そして、大柄で右手が義手の男スコビー(ジョージ・ケネディ)が順次現れ、チャールズの死亡を確認する。翌日、レジーナはアメリカ大使館のバーソロミュー(ウォルター・マッソー)に呼び出され、チャールズの正体が「チャールズ・ヴォス」という男だと知らされる。チャールズは第二次世界大戦中、OSS(CIAの前身)に所属して対ドイツ戦に従事していた。25万ドル相当の金塊の輸送任務にあったが、葬儀に現れた3人を含めたメンバーたちは金塊を盗まれたことにして密かに地中に埋め、終戦後に山分けすることにした。しかし、ドイツ軍の攻撃を受けスコビーが右手に大怪我を負い、散り散りになってしまう。そんな中でチャールズが金塊を掘り返し、持ち去ったのだという。

チャールズが持ち去った25万ドルの在り処は妻のレジーナが知っているに違いないと信じた3人がレジーナの前に現れ、「金をよこせ」と脅迫する。ピーターは3人の脅迫からレジーナを守ろうとするが、彼も3人と手を組んでいた。レジーナの信頼を得たピーターが金を独り占めすることを危惧したスコビーは、彼女に電話を掛けて彼の正体を知らせる。レジーナはピーターに詰め寄り、彼は4人と共に金を盗み出したカーソン・ダイルだと告げる。同じころ、レジーナの甥ジャン=ルイを人質にした3人は、彼女とピーターを呼び出して金の在り処を聞き出そうとする。ピーターは「3人の誰かがチャールズを殺して金を独り占めしようとしている」と語り、3人は疑心暗鬼に陥る。5人はそれぞれの部屋を探索するが、途中でスコビーが殺される。

金の在り処を探す中でレジーナとピーターは親しくなるが、バーソロミューから「ダイルに兄弟はいない」と知らされたレジーナは再びピーターに詰め寄る。ピーターは彼女に、自分の正体が泥棒のアダム・キャンフィールだと告げる。その夜、電話で呼び出されたギデオンが殺され、テックスが行方不明となる。レジーナはギデオンが犯人だと疑うが、ギデオンは「金の在り処を教えろ」とアダムに電話をかけてきたため、アダムは彼女が金の在り処を知っていると考え、2人はチャールズの遺品を確認する。翌日、アダムはギデオンの部屋からチャールズのメモ帳を見付け、レジーナを連れて公園に向かう。そこにはギデオンも着ており、金の手掛かりを探していた。アダムと別れたレジーナは姉妹のシルヴィーと出くわし、その日が切手市場の日だと聞かされ、遺品の手紙の切手が金の正体だと確信する。

遺品である25万ドル相当の切手を手に入れたレジーナは部屋に戻るが、そこではギデオンが殺されており、「ダイル」というメッセージを残していた。レジーナはバーソロミューに電話を掛け、パレ・ロワイヤルで落ち合おうとするが、アダムに見付かり逃げ回る。レジーナはバーソロミューに合流するが、追い付いたアダムから、彼の正体が戦争中に死んだはずのダイルだと暴露する。バーソロミューは正体を認め、金を手に入れようとレジーナを殺そうとするが、彼女を劇場で追い詰めるもののアダムに殺される。レジーナは25万ドルを返還するためアメリカ大使館に向かうが、そこで対応したのはアダムだった。彼は自分の正体が大使館職員のブライアン・クランクシャンクだと告白し、レジーナに結婚を申し込む。

関連記事

  1. Bloodline (1977) / 華麗なる相続人

  2. How to Steal a Million (1966) / おしゃれ泥棒

  3. Wait Until Dark (1967) / 暗くなるまで待って

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。